So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

ユーチューバーになる方法は、もう無い?収入0円!YouTubeは、危険な選択?! [ネット関連]

オリジナルの動画をつくり、
YouTubeにアップして、
再生数を上げて稼ぐ、
ユーチューバー!


これから、本腰入れて、
目指してみようかな…
と思っている方は、
危険な選択と言わざるをえません。


ユーチューブの再生数を
お金にしてくれるのが、
「YouTubeパートナープログラム」というものですが、
これの仕様が、大幅に変更になりました。


どれだけ時間と労力をかけても、
収入0円の可能性が
高くなってしまいました。


動画を挙げるだけなら、
誰にでもできますが、
それで稼いで暮らせる
ユーチューバーになる方法は、
もう無いといってもいいかもしれません。



スポンサードリンク








少し前のユーチューブでは、
どんな動画にも広告をつけることが出来て、
すぐに収益化ができました。


たとえ、一ヶ月数十円の儲けでも
少しでもお金を稼げるなら、
やりがいがあるし、
この収入、金額をのばしていこうと
頑張ることができます。


これが、
YouTubeパートナープログラムの
仕様変更で、
総再生回数が1万回に満たないチャンネルに
広告が表示されないことになりました。
※2017年4月


総再生回数が1万…
ただ、この段階の条件は、
そこまでむずかしくありません。
1万回は、
ある程度の動画をいくつかつくれば、
目指せない再生回数ではありません。


ところが、今回、
2018年2月20日から仕様変更になる、
YouTubeパートナープログラムの条件は…


●チャンネル登録者数が1000人以上
●過去12か月の総再生時間が4000時間以上


の二つです。


これからYouTubeをはじめようと
する無名の新人が、
チャンネル登録者数1000人って、
かなりの高いハードル。


ただそれ以上に高い壁が、
過去12か月、一年の
再生時間が、4000時間以上!


一ヶ月333時間分も
誰かにみてもらわなければ、
なりません。
ある程度の長さで、
途中で止めないクオリティの動画…。


ハードル高すぎです。


過去12か月が審査基準ということは、
新人YouTuberが、
どんなけいいものをつくっても、
一年経たないと収入0円。


しかも、再生時間が、
4000時間以下なら、
一年経っても収入0円。
労力はすべて、水の泡…


収益化のために、
時間と力をそそぐのは、
かなり危険な賭けです。


もう稼ぐための
ユーチューバーになる方法は、無いと
言ってもいいんじゃないでしょうか。


これからは、
お金目当てじゃなく、
いろいろ面白動画を挙げていた
新人YouTuberの中から、
人気が出てきた人だけが、
収益化が出来る…
こうゆう流れになっていく
んでしょうね。


それが、健全?
運営さんのねらい?


個人的には、
この仕様変更は、
失敗なんじゃないかな…と思います。


歴史を振り返った時の、
ユーチューブ衰退、
没落のきっかけかも…。



スポンサードリンク








人間お金が全てではありませんが、
やはりお金は重要です。


どんな夢を追うクリエーターも
ある程度、お金になるから
目指せるところがあります。


どんなけ頑張っても、
収入にならないかもしれないとなると、
YouTuberを目指す方、
動画をアップする方は、
確実に減るでしょう。


今、ネットの動画配信サイトといえば、
YouTubeが王様ですが、
確定のオンリーワンではありません。


ユーチューブの地位を
虎視眈々とねらっている
動画配信サイトは、
山のようにあります。


動画をアップする人が減る、
コンテンツが減るというのは、
ライバルに有利なことでは…?


お金目当ての
新人の動画配信者、動画作成者は、
ユーチューブ以外の
もっと楽に稼げるところに
流れていくでしょう。


ふわっちだと、投げ銭システムとかで、
一ヶ月100万以上稼ぐ人がいるらしいですし、
ニコ生の
クリエイター奨励プログラムも
対応範囲が拡大したとかで、
そこそこお金に…。


動画配信サイトの
収益化のハードルは、低く、
つねに、門戸を開けておかないと、
ダメなんですよね。


再生回数が少なく、
毎月、数十円や、数百円しか
稼げないような人でも
その中から、
未来のヒカキンが出てくるかもしれない。


そうゆう人たちのやる気を無くさせた、
排除しちゃった
この仕様変更は、間違いだったと思います。


現在活躍しているユーチューバーも
いつかは、人気がなくなる…
新人こそ宝です。


運営側が失敗に気づき、
また仕様を戻して欲しいところ…。


ただ、個人的には、
ユーチューブ一強ではなく、
同じくらいの勢力の動画配信サイトが
出てきて欲しいので、
ちょっとYouTubeが堕ちるのもアリなんですが…。


さて、実際は、どうなっていくでしょう。
お金にならなくても、YouTube一強?
ネットの世界は、
まだまだ戦国時代、
未来は確定していません。



スポンサードリンク






nice!(2) 
前の1件 | -