So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャルジャル後藤の父、後藤圭二氏、大阪府吹田市の市長に!どんな経歴? [社会関連]

ジャルジャルの後藤淳平さんの
お父さん後藤圭二(57歳)が、
大阪府吹田市の市長戦で
初当選したと
話題になっています。


無所属、新人ですが、
自民党の推薦を受け、
大阪維新の会が推薦した現職を
破っての当選です。


ジャルジャル後藤さん自体、
真面目で頭のよさそうな方なので、
お父さんが市長になったと
いわれてもしっくりきます。


さて、このお父さん、
どんな人、
どんな経歴の持ち主なんでしょう。



スポンサードリンク








昭和32年大阪府吹田市生まれ


大阪星光学院中高、
東京水産大学(現 東京海洋大学)を卒業し、
昭和55年4月に吹田市役所入庁。


水道部(南吹田)、
市長室参事、
環境政策室長、
都市整備部室長、
道路公園部長
をへて、
平成26年10月に退職、
今回の選挙に立候補しました。


平成12年 環境省に出向
(吹田市初の中央省庁派遣です。
優秀だったんですね。)


在職していた35年の間には、
水質と環境分析、環境政策、すいたシニア環境大学設立、
政策総合調整、吹田操車場跡地のまちづくり、
大規模開発事業の誘導、道路と公園の管理、みどり政策、
交通政策などを担当されています。


政治家というよりは、
出世頭の市役所職員。
堅実な公務員という感じです。


それが、定年まで3年半になって、
市長に立候補。
一大決心だったと思われます。
芸人をやっている息子に感化された部分も
あるのかもしれません。


まぁ、親子です。
同じ血が流れています。
もともと
人前に立ちたいというタイプだった
とうこともあるんでしょうが…


ジャルジャル後藤さんにしてみれば、
これからは、市長の息子です。
いいネタができました。


お父さんがらみの
面白トークもたくさんもっているでしょう。


ジャルジャル自体、
一時期の勢いをなくし、
安定飛行のような状態。
これをきっかけに盛り返すかもしれないですね。


めちゃイケなんかは、
もう動き出していそうです。
レギュラーのいじりがいのあるネタへの
対応は、はやいし、
タブーがありません。


市長だから、公人だから、
バラエティに出てはいけないなんてことはありません。
そのまんま東さんなんて、
宮崎県知事の時に、バラエティに出まくっていましたからね。


近いうちに、
後藤淳平さんと後藤圭二さんの
親子のからみがみられるんじゃないでしょうか。


「待て待てー
市長に何させてんねーん!」
ちょっと面白そうです。


※ちなみに、吹田市は、
国会病欠騒動になった
上西 小百合衆院議員の地元でもあります。


あの騒動では、
上西議員の男性秘書も注目されましたが、
今回の選挙で敗れた、現職井上哲也さんの
元秘書でもあります。



スポンサードリンク








nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。