So-net無料ブログ作成
検索選択
素朴な疑問系 ブログトップ
前の1件 | -

台風の最大風速、最大瞬間風速、瞬間最大風速とは?日本の記録は? [素朴な疑問系]

台風シーズンですね。


台風のニュースをみていると
出てくる、
最大風速、最大瞬間風速、瞬間最大風速。
この違いってなんなんでしょう。


また、日本の記録ってどれくらいの
風速なんでしょう。


気になったので少し調べてみました。



スポンサードリンク








【最大風速、最大瞬間風速、瞬間最大風速の違い】



●最大風速とは?


風速とは、地上約10メートルの高さの
10分間の平均風速。
平均風速の最大値を最大風速といいます。


●最大瞬間風速とは?


0.25秒ごとに更新される3秒平均を
瞬間風速といいます。
瞬間風速の最大値が、
最大瞬間風速です。


●瞬間最大風速とは?


最大瞬間風速と
非常によく似た言葉、
瞬間最大風速。
たまに、耳にしますが、
これは、なんでしょう。


実はこれ、単なる、
最大瞬間風速の誤用です。
間違った使い方なんですね。
※報道の人でも
誤用しています。


最大瞬間風速と瞬間最大風速、
よく似ていますからね。
一般人だとさらに
言いなれない言葉だし、
どっちが正しいかなんて、
すぐ忘れてしまいます。


まぁ、間違えて使っても
なんの問題もないでしょうが、
どうせなら、
正解の言葉を使いたいところ。
記者さんが使っている
いい覚え方があります。


「最大」の「サ」と
「瞬間」の「シ」で、
「サシスセソ」の順番が正解。


最大瞬間風速が、
正しい言い方というわけです。


これは、
かなり覚えやすいんじゃないでしょうか。
うんちくの一つとしてでも、
頭に入れておきましょう。



スポンサードリンク








【最大風速、最大瞬間風速の記録は?】


まず、風速の単位を
おさえておきましょう。
日本の風速の単位は、
m/s(メートル毎秒)秒速です。
※国際的にはノット (kt)
測定には風速計が使用されています。


●平地の最大風速が、
1965年9月10日 台風23号の
69.8m/s !
高知県 室戸岬 旧・室戸岬測候所:気象官署


●平地の最大瞬間風速が、
1966年9月5日 台風18号
(第2宮古島台風)の
85.3m/s !
沖縄県 宮古島 宮古島地方気象台:気象官署


※2015年台風15号は、
石垣島で観測史上最高の
最大瞬間風速71メートルを記録との
ことでしたが、
かなり強かったということですね。


●山岳の最大風速が、
1942年4月5日に、
72.5m/s
富士山頂 旧・富士山測候所:気象官署


●山岳の最大瞬間風速が、
1966年9月25日 台風26号の
91.0m/s
富士山頂 旧・富士山測候所:気象官署


山の頂上は、風が強いイメージがありますが、
日本一高い山、
富士山の山頂で記録がでているんですね。


ちなみに、海外では、
もっと強い風が吹きます。


●陸上の竜巻による最大瞬間風速で、
1999年5月3日に
142.2m/s (318mph)
アメリカ合衆国 オクラホマ州 ブリッジクリーク
ドップラー・レーダーによる観測


●陸上の竜巻を除いた最大瞬間風速で、
1996年4月10日サイクロンOliviaの
113.1m/s(253mph)
オーストラリア バロー島
バローアイランド空港
非公式記録


風速100メートル越え!
想像もつかない世界です。


これを体験した人は、
この世の終わりぐらい
感じているんじゃないでしょうか。


これと比べると、
日本にくる、
どんな台風もまだまし
なんて思っちゃいますね。



スポンサードリンク






nice!(0)  トラックバック(0) 
前の1件 | - 素朴な疑問系 ブログトップ